忍者ブログ
[66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

落語にはくすぐりがある。噺の中の軽妙なセリフで、笑いを誘うことからくすぐりと言う。高座で思いつくこともあれば、稽古の最中に出来たものもある。傑作が『不動坊』の中で「四十九日も過ぎぬのに、嫁入りするとはうらめしい」というセリフを、文蔵師匠が稽古のとき「、、、嫁入りするとはうらやましい」と言ってしまい、これがくすぐりとなり、今では皆が使っている。
最近、他の噺のくすぐりを乱用する傾向がある。先日も寄席で某前座が『たらちね』を演っていた。大家さんが店子の八五郎の家に嫁さんを連れてくる。用事があるからと大家は嫁の名前も告げずに帰ってしまう。そこで八五郎が「大家さん待ってください。大家さ~ん!」と叫ぶのだが、この前座は「大家さ~ん。大家、ドロボ-!」と演った。この「大家、ドロボ-!」は『花色木綿』という泥棒の噺のクスグリだ。彼が高座を下りてから「このあと『花色木綿』が出るとまずいよ」とたしなめると、「○○師匠に教わった通り演っています」という返答。「たとえそのように教わっても、教える方も間違えることがあるよ。それにドロボ-は『たらちね』の内容にまったく関係なく、さほど受けないだろう」と言っておいた。笑いに貪欲なのはいいが、ル-ル違反は禁物だ。
PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最古記事
アーカイブ
カウンター
忍者ブログ [PR]