忍者ブログ
[75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

JCOMで高倉健の映画特集をやっていて、『駅STAION』と『居酒屋兆冶』を観る。健さんは北海道が舞台になっている作品が多く、これほど雪景色が似合う俳優はいないだろう。
降旗康男という監督が高倉健主演の作品を多く撮っているが、主役の健さんのセリフが極端に少ない。一言、二言がほとんどで、長ゼリフはまず見当たらない。あの存在感と表情だけで充分演技になる。以前降旗監督が「健さんに一言もしゃべらせない映画を作りたい」と語っていたのを聞いたことがあるが、一人で何役ものセリフをおぼえる我々落語家には、なんとも羨ましい話だ。落語にもセリフを語らず、表情や仕草だけで表現する手法があるが、主役が一言もしゃべらずサゲまでもっていくのは不可能だろう。
PR
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最古記事
アーカイブ
カウンター
忍者ブログ [PR]